official_mark About

■ ミニバレーとは?

北海道大樹町で生まれた4人制のバレーボールです。

であい・ふれあい・わかちあい

をモットーとし、子供からお年寄りまで、一緒になって楽しめるよう考案されたニュースポーツです。

活動地域は、発祥の地である北海道から、山形県、関東(東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県)、沖縄県等と全国に広まっており、海外にも、ロシアやモンゴルとその活動の幅を広げています。


■ ミニバレーの特徴

誰もが気軽に始められ、楽しむ事が出来るよう、以下の特徴を持っています。

  • 大きめなビニール製のボールを使用
  • → 直径35cmビニール製のボールは、柔らかく軽いので誰もが扱いやすく、ぶつかったとしても痛くありません。重さ50gと軽いので、落下速度が遅く、ラリーが続けやすくなっています。また、回転や空気抵抗を受け、予期せぬ変化をうむので、扱い方によって様々なプレーを可能とする、奥が深いボールとなっています。

  • コートは主にバドミントン設備を利用
  • → コートの広さ(縦9m×横6.1m)は、運動量を問わず、4人でプレーするには最適な広さとなっています。ネットの高さ(155cm)は、身長に関係なく、アタックやブロックといったプレーを可能にします。バドミントン設備を利用することにより、多くの場所でプレーする事が出来るので、ボール以外に、特別な用具を必要としません。


■ 競技スポーツとしてのミニバレー

ミニバレーが行われている地域では、
各市区町村、ミニバレー協会等が主催となり、大会が開催されています。
主に種目は、男子の部、女子の部、混成(男女2名ずつ)の部、
それぞれ年齢ごとに分かれて行われます。

最大のイベントは、年に1度開催される、「ミニバレージャパンカップ」です。
全国より、100チームを超えるチームが参加し、
2日間にわたり、ミニバレー愛好者との交流を図るとともに、
熱い闘いが繰り広げられます。

関東では、協会主催の大会が以下の通り開催されています。

日 時 大会名 場 所 主 催
6月 ミニバレー関東フェスティバル 東京都目黒区 東京ミニバレー協会
9月 ミニバレーいばらき大会 茨城県守谷市 いばらきミニバレー協会
11月 ミニバレー全国フェスティバル 東京都目黒区 東京ミニバレー協会

詳細は、全日本ミニバレー協会のサイトをご覧下さい。